いつも美しくて好意さえ持っていた母親が、本当の母親じゃないと知った時、義息の思いが爆発し野獣に変わる。

風呂場で、夫の横で、昼夜問わず犯され、大量の精子を膣奥に注がれ続けた瞳リョウは義息との禁断のセッ○スに堕ちていく



「「実は私、あなたの連れ子に犯され続けています…」 瞳リョウ」作品情報



作品詳細ページはこちら


>>狙ってる女の子の心のリミッターを外し、自然な流れで落としたいなら<<